交通事故の被害に遭った場合には、出来れば弁護士に依頼するようにしたいです。交通事故後、加害者が加入している保険会社から示談金の提示がなされます。

目的別の交通事故の相談の情報が更新されています。

この時の示談金の額は保険会社が独自の基準を用いて算出していますので、相場よりも低い場合が多いです。
ですので、交渉次第では増額することも可能です。

ただしこの交渉を自分ひとりで行うとなると、負担が大きいです。

相手の保険会社はこのような交渉のプロですので、こちらの思うように交渉を進めて行くことは困難です。

もし弁護士に依頼していれば、高い確率で示談金を増額出来ます。弁護士に依頼するタイミングとしては、交通事故による怪我の治療が始まった頃に一度相談に行きたいです。

まだまだ示談交渉は先になりますが、示談交渉以外にも様々なことに関してサポートをしてもらえます。

保険会社からの怪我の治療費の補償を早期に打ち切られるケースもありますが、弁護士に交渉してもらうことによって補償を延長出来る場合があります。

また重要なこととして後遺障害等級の認定があります。


ある程度治療を行ってもこれ以上症状が緩和しなくなった場合は、症状固定となり後遺症が残ったと判断されます。

All Aboutについて正しい知識を持つこと重要です。

後遺障害等級の認定によって賠償金の額は大きく異なります。
この際も弁護士に依頼すれば正しい後遺障害等級で認定されているか調査を行ってもらえます。

鞭打ちなどは周りから見ても症状の度合いが判断しにくいですが、後遺障害等級の認定対象となりますので、きちんとした認定をしてもらうことが大切です。